ベーブ父さん
http://gogobabe.blog16.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
オヤジのヒトリゴト(たまに妄想)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
憤り
2010-03-09 Tue 01:48
今回は賛否両論あると思うけど、
自分の正直な思いを。

今年のアカデミー賞。
長編ドキュメンタリー賞に選ばれたのは「ザ・コーヴ」という映画。
ご存知の方も多いと思うけど、日本のイルカ漁を外国人目線で取り上げた作品。

この作品が選ばれたことに強い憤りを感じる。

日本には昔から捕鯨やイルカ漁で生計を立てている人がいる。
彼らは決して乱獲はしていないし、
乱獲して絶滅するほど漁師の数もいない。
正直、余計なお世話だ!と言いたい。



欧米人は、数が少ないからとか、頭が良いからという理由で
捕鯨反対だと言っているけど、
そんな欧米人も昔は鯨を獲っていた、しかも鯨油だけを目当てに。
奴らは、鯨油だけを獲ってあとはポイ捨て。
鯨の数を減らしたのは奴ら。
日本では肉はもちろん、皮からヒゲまで利用する。
そして鯨を供養する碑もあるという。
石油が発見されたことで、鯨油の需要が無くなり、
欧米人は捕鯨をやめたけど、
もし石油が発見されてなかったら今ごろ鯨は世界の海からサヨウナラ。
自分達が犯した罪は棚に上げ、非難の矛先を白人以外の国家に向ける。
かつて先住民達を野蛮だといって阻害してきたのと同じように。

反捕鯨の急先鋒オーストラリアでは、
増えすぎたという理由で、カンガルーを処分しているそうだ。
自分達が生態系を乱したことが原因だということもわからずに。
ほんとうにオツムがおめでたい。

捕鯨をやめるかどうかは日本人で決めるから、
お前達は、九九でも勉強しとけ





      ランキング参加中
クリック→フレンチブルドッグひろば←クリック
  ポチっと1クリックお願いします
スポンサーサイト

別窓 | 普通の日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<物申す | ブヒブヒな日 | 浮気中>>
この記事のコメント
#2747
お久し振りのコメントです

私も同じ意見ですよ~ 

ただ ちょっと面倒だナァ~とは
思いますよ~ 日本の国内でも
「くじら?食べるの?」と言う世代が増えていますし
イルカ漁の問題も有りますよね~
牛・豚は?食べて良いのはナゼ?
養殖イルカだったら良いのか?とも思います(笑


2010-03-09 Tue 02:58 | URL | クロノマ #-[ 内容変更] | top↑
#2748 気持ちもよくわかる。
う~~ん。
私の意見と同じところもあるが違うところも大いにある。
父さんの言うことはごもっともだと思う。
彼らはイルカで生計を立てているし、乱獲もしていない。
ただ、イルカを食べられる??といわれれば、それはできないし、あの漁を見ていると、普通の漁とは確実に違う。
海の入り江が血で染まるようなことがいい漁かといえば
なんだか違う気がする。
ただ、ああやって一方的な映画は良いとは思わないし
観たくもない。
ただ、イルカ漁というのはこういうものだ!と、知る権利は
あると思う。
あの映画でなくてね!
世界中には色んな肉を食べる文化がある。
それは理解しなければいけない。
肉をいただくという、私たちの命にかかわる大事なことだから。
それを一方的に他の国から言われるのはどうかと思う。
ただ、私はもうイルカを食べる時代ではない・・・と思う。
鯨の油をとらなくなったように。
どうだろう??父さん。
2010-03-09 Tue 08:56 | URL | ボブリンコ=ジャンママ #-[ 内容変更] | top↑
#2749
>クロノマさん
お久しぶりです。
こういう問題は外国から言われる筋合いはなく、
我々日本人が決めれば良い問題だと思います。
クジラを食べちゃダメという人は、
当然、牛や豚、そして魚肉ソーセージも
食べちゃダメだし、
毛皮のコートなんて論外ですね。
養殖といえば、養殖マグロっているんですねv-405

>ボブリンコさん
ボブリンコさんは動物愛護の立場から、
ボクは日本の漁業を守るという立場からなので、
おそらく意見は平行線のままでしょうねv-411
だけど、イルカの殺し方だけは、
別の方法があるんじゃないかな、って思います。
でも牛や豚だって、賭殺場では同じような方法で
絶命させられています。
欧米人はそれを知りながら抗議しているのか。
イルカは知能が高いからダメで牛や豚ならイイ、
というのは決して認められたハナシじゃありません。
極論を言えば、ベジタリアンだから肉は食べない、
といっても植物だって生きています。
人間は何かしら命の犠牲が無くては生きていけません。
そして、漁民たちは、クジラやイルカを漁ることで
生活しています。
ある日突然、彼らからそれを取り上げた場合、
彼らの生活の保障は誰がするのでしょう。
殺し方が残虐だから捕獲反対という抗議の仕方は、
何も考えずに感情で動いてしまう野蛮人のやり方です。
我々はその歴史や文化を学び、
それでも抗議すべきと判断した場合に、
アクションを起こすべきではないでしょうか。
ボクもイルカは食べたこと無いですが、
鯨肉は子供のころから時折食べています。
これからもスーパーなどで見かけたら買うかもしれません。
誰かが「いただきます」と感謝して食べなければ、
処分され、無駄死になってしまいます。
時代が変わり、鯨やイルカの肉の需要が無くなれば、
漁民も別の生活方法を考えるでしょう。
ただその後、増えすぎた鯨やイルカによって、
海の生態系が壊れるのも心配ですが。
2010-03-09 Tue 22:31 | URL | ベーブ父さん #4B42LOz6[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ブヒブヒな日 |
copyright © 2006 ブヒブヒな日 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。