ベーブ父さん
http://gogobabe.blog16.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
オヤジのヒトリゴト(たまに妄想)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハゲ
2010-07-15 Thu 23:49
ベーブがしつこく左の後脚を舐めようとするので、

もしかして、感覚が戻ってきた

と思ったのも束の間


ハゲてる・・・・・

3月から通っている皮膚の病院。

薬が効いてると思っていたんだけど、

合わないのかなぁ

今週末、また診てもらおう

オヤジのハゲに比べたらまだまだブヒ
なんだと~



      ランキング参加中
クリック→フレンチブルドッグひろば←クリック
  ポチっと1クリックお願いします


スポンサーサイト
別窓 | 皮膚の病気 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
順調
2010-04-11 Sun 21:16

疲れたブヒ

昨日は2度目のアンコ先生
行きは空いてたけど、帰りは渋滞でイライラ

ベーブの皮膚は3週間前にもらった粉薬と舌下減感作療法の液薬と
こまめなパタパタの効果が出たのか、
内股のタダレが無くなり、そこから少し毛が生えてきた

粉薬はとても苦いからアンコに包むかヨーグルトに混ぜて与えて、
と言われていたんだけど、
ベーブの場合、ふつうのご飯にかけるだけでもぜんぜん平気
どんだけ食欲旺盛なんだよ~

粉薬は今回も同じやつだけど、
舌下減感作の液薬は前回の10000倍から濃度が上がって5000倍。

次に病院行くのは、GWの真っ只中。
絶対に渋滞するから、イライラしないように気をつけようっと


オレのワカサギたくさんあげるブヒ
カルシウム摂っとけってこと



      ランキング参加中
クリック→フレンチブルドッグひろば←クリック
  ポチっと1クリックお願いします

別窓 | 皮膚の病気 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アンコ先生
2010-03-24 Wed 00:25
最近ベーブの皮膚の調子がイマイチ

特に2ヶ月くらい前からは、右の内股がただれてしまって、
なんとも痛々しい
ベーブの場合、幸か不幸か麻痺のせいで痛みは感じていないだろうけど。

ベビーパウダーをこまめにパタパタしても
一向に良くなる気配がないので、
連休最終日、1ヶ月ほど前に予約したアンコ先生の病院へ。


病院に入ると(どこが入口かわからなかった)、
そこはなんとも言えない、懐かしいカンジがする雰囲気
問診表を書くと、すぐに呼ばれて、いざ診察室へ

診察室では、アンコ先生が腕組みしてお出迎え。
いろんなブログで読んでいたので、
なんだか有名人に会った気分
そしてすぐにアンコを発見して思わず笑ってしまった。

肝心の診察開始。
というか、アンコ先生はベーブを見るなり、
「こりゃぁハウスダストだな
と、ものの5秒で病名判明

その後、血液検査をするため採血をし、診察は終了。
「結果出るまで2時間以上かかるから、一度帰ってまた来る
と聞かれたけど、
連休の渋滞の中、2時間じゃ往復できないと思ったので、
近所で時間つぶしすることに。

まずは、血液検査するので朝ごはん抜きだったベーブのために、
PETONで、オカシ購入。

その後、鵠沼のマックで人間のごはん

ここはトビくんいないから安全ブヒ
でもハトがいっぱいだったね。

ベーブにもPETONで買ったオカシを。

2食分欲しいブヒ

マックでダラダラしてたらイイ時間になったので、再び病院へ。

病院へ戻ると、すでに結果が出てた。


ベーブの場合、正常より白血球の数が多く、甲状腺ホルモンが少ない。
これが原因だろうとのこと。
これを治療するための薬が処方された。
「この薬は苦いからヨーグルトに溶かすかアンコで包んで・・・・」
アンコ、出たぁ~!!

でも、ベーブはヨーグルトが大好きなので、
うちはヨーグルトに溶かす方法でチャレンジすることにした。

そして治療がもうひとつ、
ベーブの免疫力を高めるために、
舌下減感作療法という治療をやることになった。


人間の花粉症治療にも使われる減感作療法。
ベーブの場合、掃除機の塵埃を希釈した液体を
1日2回、鼻の穴と口内に点薬。
まずは10000倍の希釈液から始めて、
1月ごとにその濃度を高くしていく。

どちらも時間がかかる治療になるそうだけど、
時間がかかっても治ってくれればそれでイイ
治療費のことは・・・・・・・父ちゃんガンバるよ

汗水流して働けブヒ
ハイっ



      ランキング参加中
クリック→フレンチブルドッグひろば←クリック
  ポチっと1クリックお願いします

別窓 | 皮膚の病気 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| ブヒブヒな日 |
copyright © 2006 ブヒブヒな日 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。